灯油軽油添加剤のお店(スマホ版)

ディーゼルオンEX


軽油税削減: 公道走行車でない車両や機械類に灯油とディーゼルオンEXを使用することで、リッター32.1円の軽油税を削減。

ディーゼルオンEXは、分配式(ロータリー式)、PTポンプ(燃料でポンプ内部を潤滑)、コモンレールなどすべての形式に完全対応した、唯一市販されている灯油添加剤です。
他社品(ブルゾール、ディーゼルバン、ガスアジコン、ACF R-300、カークールストロング、ブルアップ、スーパービルドプラス、DFメリット、ゴリパワー、アレマ、NS-D200など)を問題なくご使用になっていたならば、本品ではなく、ディーゼルオンハイパーなどもお使いいただけます。

強力な動粘度: ディーゼルエンジンでは噴射ノズルやプランジャーポンプに潤滑性が不足すると焼付き・破損が生じます。軽油は粘度(流体潤滑)と油性(境界潤滑)により、これらパーツを潤滑していますが、灯油はいずれも低く、特に極圧性を要するPTポンプや分配式(ロータリー式)ポンプでは焼き付いてしまいます。

ディーゼルオンEXは高い動粘度により、従来型エンジンから最新コモンレールまですべてのエンジンに対応しています。

清浄効果: 弊社では、燃焼室の汚れがパワーダウンや排ガスの悪化に繋がっていることに着目。
清浄剤を配合することで、燃焼室や燃料経路を清浄し、本来の性能を発揮。汚れによって発生するパワー低下や黒煙の発生などを改善します。

セタン価: ディーゼルオンEXにはセタン価向上剤が配合され、軽油と同レベルのセタン価を発揮。
高い燃焼性を提供します。

燃焼促進: 燃焼促進剤を配合し、低速トルクの細りを低減。黒煙や有害物質減少にも寄与。

防錆: 燃料経路を防錆し、サビの発生を防ぎます。

適合車種・機械: 建設機械、重機、農機、船舶、フォークリフト、除雪機、発電機、コンプレッサー、各種機械など。
すべてのディーゼルエンジンにご使用になれます。
分配式(ロータリー式)、PTポンプ(燃料でポンプ内部を潤滑)にもお使いいただけます。

添加率: 灯油に25:1の比率で混合し、軽油として使用できます。他のディーゼルオンシリーズとは違う添加率ですのでご注意ください。

使用方法: 灯油25に対し、ディーゼルオンEXを1入れます。
【注意1】粘度が高く混ざりにくい
【注意2】混合率は25:1

他のディーゼルオン・シリーズに比べ、非常に粘度が高く作られています。
また、ディーゼルオンEXのみ、混合率が25:1です。
【混ぜ方】
・ 必要なディーゼルオンEXの5倍の容量の容器と清潔な棒を準備します。
・ 容器にディーゼルオンEXを入れます。
・ 少量の灯油を注ぎ、ディーゼルオンEXとしっかり混ぜ合わせます。
・ 灯油を注いで混ぜる作業を数回繰り返して、徐々に粘度を下げていきます。
・ 十分粘度が下がったら、残りの灯油と混合して混ぜ合わせて出来上がり。

不調な状態にあるエンジンについては、修理後にお使いください。
他の添加剤や水抜き剤と併用しないでください。

削減効果: 200リットルドラムで11万円を超える燃料費削減が可能です(製品価格、添加率、軽油税から算出)。


【よくある質問】

Q1 他の添加剤と何が違いますか?
A1 粘度が違います。ロータリー式やPTポンプにも使用できる粘度に調整しました。またセタン価向上剤の配合率も高くしています。

Q2 いくらですか?
A2 販売サイトにてご確認ください。

Q3 灯油と混ざりにくいですか?
A3 粘度が高く混ざりにくいので、まず少量の灯油と混ぜて粘度を下げ、それから残りの灯油を混ぜることで混合しやすくなります。

Q4 他社品より優位な点を教えてください。
A4 粘度が高くすべての形式のポンプ、ディーゼルエンジンに使用可能な点、清浄剤入りで燃焼不良を防止する点です。

Q5 粘度はどれくらいですか?
A5 1.7mm2/s(30℃)です。この値はJIS規格の特3号軽油(1.8mm2/s)に迫る数値です。

その他疑問点などございましたらこちらからお問合せください。


【EXの燃料費削減額を試算】
ディーゼルオンEXとディーゼルオンハイパーの燃料費削減額を比較してみます。

性能的な比較: サビ止め性、清浄作用、セタン価向上作用においては、どちらも同程度の性能です。
ディーゼルオンEXはさらに粘度を高め、PTポンプや分配式(ロータリー式)ポンプ、最新コモンレールにも対応しています。

燃料費削減効果は?: これが最も重要視される部分かと思います。
ここでは現実的な数字で見積もってみます。

【比較条件】 単純化するためキリのよい数値で試算しました。
軽油単価132円
灯油単価100円
5,200リットルの場合で計算
消費税は計算せず
製品の送料は計算せず
ディーゼルオンEXドラム72,000円
ディーゼルオンハイパー18リットル20,300円
ディーゼルオンEXの混合率25:1
ディーゼルオンハイパーの混合率200:1

●軽油5200リットルの場合
5200リットル × 132円 = 686,400円

●ディーゼルオンEXの場合
ディーゼルオンEXのドラム(200リットル)の価格は72,000円、

ディーゼルオンEX 200リットルに混合する灯油量は、
200リットル × 25倍 = 5,000リットル

灯油5,000リットルの価格は、
100円 × 5,000リットル = 500,000円

したがって、ディーゼルオンEX+灯油の合計5,200リットルの価格は、
500,000円 + 72,000円 = 572,000円

●ディーゼルオンハイパーの場合
ディーゼルオンハイパー18リットルは20,300円なので、25.9リットルでは、
20,300円 × (25.9 / 18)リットル = 29,209円

灯油5,174.1リットルの価格は
5,174.1リットル × 100円 = 517,410円

したがって、ディーゼルオンハイパー+灯油の合計5,200リットルの価格は、
29,209円 + 517,410円 = 546,619円

●計算結果
それぞれ5,200リットルの価格は以下のとおりです。

軽油→ 686,400円
ディーゼルオンEX+灯油→ 572,000円
ディーゼルオンハイパー+灯油→ 546,619円

以上のことから、ディーゼルオンハイパーでは、約14万円近い削減額ですが、ディーゼルオンEXの場合でも、114,400円の削減額が得られるということです。
意外にディーゼルオンEXが健闘していますね。


【ディーゼルオンシリーズの特徴】
ディーゼルオンEX:すべてのディーゼルエンジン。分配式(ロータリー式)、PTポンプ(燃料でポンプ内部を潤滑)、コモンレールに対応。
ディーゼルオンハイパー:中〜小型重機・機械、車両、船舶、パワーが必要なもの、回転を上げて使う機械類。
ディーゼルオンプラス:大〜中型の重機・機械など。
ディーゼルオン:大型重機、機械、回転数が一定の発電機など。

よくある質問はPC版をご覧ください。
価格・ご購入はこちら

▲ページトップへ